事業承継 ~中小企業の事業承継とM&A 185~

こんにちは、畠です。
今回は、父から子へ事業承継するときに子どもまだ社長の器でなかった場合
のお話をしていきます。

<世代交代の“つなぎ”>

承継を決めている息子さんにそれなりの才覚があるが、年齢もスキルも不十分のため、「まだ若い息子にいきなり継がせるのは不安なのでしばらくしてから事業承継をしたい」といった相談を受けることがあります。

また、「息子は都会に出て大企業に勤め、公私共に充実している。事業承継のために呼び戻してよいものだろうか・・・」と悩む社長もいます。

 

このようなケースの有効的な手法として、中継ぎ人材を登用する方法があります。

先発のオーナー社長がリタイアしてマウンドを降りる。1回か2回、リリーフピッチャーにリードを守り切ってもらい、本命の控え役の投手である息子へと繋ぐのです。

息子さんが大企業や海外の企業で働いているのならば一区切りできるタイミング、またスキルや年齢といった準備が整うまでをリリーフピッチャーに託すのです。

息子さんはその間、ブルペンで入念に肩を作ることができるというわけです。

 

リリーフ人材には社内の専務など役員でもよいのですが、思い切って外部から適切な人材を入れるという方法もあります。

 

このケースの注意点として「リリーフの役割はあくまでも本命までの中継ぎ」ということを書面などで合意しておく必要があります。

なぜならば、条件交渉が曖昧なままでは中継ぎがごねて、「オレが最後まで投げきる」と言い出しかねないからです。
業績が上がっていればなおさらそのリスクが高まります。

先発のオーナー社長とリリーフ役の社長の間で、報酬だけではなく退任時期の目安やその際の退職金、株の一部を保有している場合は株の買収価格などを定めておく必要もあります。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク