事業承継 ~中小企業の事業承継とM&A 180~

こんにちは、畠です。
親族間承継は多くの人が望むゴールです。しかしながら、約3分の2の企業では後継者が不在で他の選択肢を選ばざるを得ないオーナー社長が多いのが現実です。

オーナー社長引退後の企業が歩む道

オーナー社長の引退後の企業が歩む道は以下の5つです。

  1.   親族間承継
  2.   MBO(従業員承継)
  3.   M&A
  4.   IPO
  5.   廃業・清算

理想は親族か従業員への事業承継でしょう。

清算・廃業は本人も、従業員をはじめとする利害関係者も、ひいては社会も失うものがあまりに多くて薦められません。そうなりますと、選択肢は必然的にM&Aか、MBOに絞られてくるのが現実です。

IPOはストックオプションをはじめ多大なメリットがあるものの、実現可能性は低いと言わざるをえません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク