事業承継 ~中小企業の事業承継とM&A 152~

こんにちは、畠です。前回の続きで「差し迫る競売期日…事業と雇用の行方は?!(後編)」をお伝えします。

<事業承継> 事業譲渡の決断

美術品の運送を専門に扱う中山運送(仮称)の悩みは「この先どのようにすれば取引先に迷惑をかけずに、更に従業員の雇用を守ることができるか」ということでした。そこで弊社より事業譲渡をご提案しました。お相手は、飲料・飲食の運送業を営み「同業他社との価格競争から、付加価値の高いサービスを提供できないか」と悩まれていた近藤物流(仮称)です。

両社にご提案したところ、すぐにトップ面談が組まれました。トップ面談では、両者の思いや経営理念が一致し、基本合意契約書の締結まで、一気に話が進みました。M&Aの話が進む一方で中山運送の事務所や倉庫の競売の期日が押し迫っていました。銀行へ交渉するも時間がなく、競売を止めることができない状況でした。美術運送業を営むためには、倉庫は重要な役目を果たしており、第三者へ売却されれば中山運送の事業譲渡は成立しない可能性がありました。

譲受企業の近藤社長(仮名)は、事業譲受後の経営戦略をすでに完成させており、即競売に参加することを決断しました。そして、中山運送の倉庫を無事落札することができ事業譲渡が成立しました。中山社長(仮名)を含め、中山運送の全従業員が近藤物流へ入社し、同時に近藤物流は、顧客や取引先を承継することとなりました。残った中山運送は、中山社長の個人資産と事業譲渡代金で清算することになりました。

今回、譲渡企業の中山運送は従業員や取引先へ迷惑をかけることなく清算でき、かつ地域文化の発展に貢献できる美術運送事業を残すことができました。
 一方、譲受企業の近藤物流は今まで競い合ってきた同業他社から一歩抜き出ることができて新たな事業の柱を得ることができました。

(案件情報)http://www.starship-hd.co./masearch/index.html

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です